ホーム

ELEPRO

他のユーザーとカメラを共有する方法


ユーザーのプライバシーを保護するために、最初のユーザーはデフォルトで管理者です。カメラにアクセスする他のユーザーは、管理者の許可が必要です。カメラのIDとパスワードがあっても、許可がなければアクセスできません。

ステップ1:授権

授権する方法は以下の通りです: 管理者は「SriHome」アプリにログインし、設定->訪問者管理->追加をタップします。 2つの権限があります: オペレーター:ライブビデオを見る、時間を設定する、アラームを設定する、記録を見る、ネットワークを設定することができます。 ビジター:ライブビデオのみを見ることができます。 ユーザーのアプリIDは、共有相手のSriHomeアプリの設定で確認できます(図2-2)。

※注意:図1−3にある「ユーザーメモ」に名称を埋めなければ次へ進められません。

ステップ2:共有者がカメラを追加する

管理者が訪問者またはオペレーターとして承認された後、共有者自身が機器を追加する必要があります。

カメラを追加する手順は以下の通りです:共有者はアプリを開き、カメラ本体に貼り付けられているQRコードをスキャンしてから、カメラの名称やパスワード(デフォルトは888888)を入力し、次へをタップして頂けば、追加完了します。

※カメラが手元にない場合、QRコードを取得できない場合、管理者はアプリを開き、カメラの[編集]をタップして[QRコード]をタップし、このQRコードを共有する対象に送信して、対象がこのQRコードをスキャンしてカメラを追加できるようにします。

注:ステップ1とステップ2の操作の順序に要件はありません。ステップ2を先に実行し、その後ステップ1の操作を行うこともできます。

質問1:共有者は下図の通り、権限がないと言われています、どうすればいいですか?

回答:管理者はアプリの共有設定で、共有者の権限をビジターからオペレーターへ変更するようにします。

質問2:管理者を変更するには、どのようにすればよいですか?

回答:最初に接続したのは管理者でしたが、管理者を変更したい場合は、まずカメラをリセットしてから新しい管理者で接続してください。

何か分からないことがあれば、お気軽にサポート(support@eleprotech.com)までメールでお問い合わせください。私たちは年中無休で、お問い合わせいただいたメールには24時間以内に返信いたします。

また、商品とサポートにご満足いただけましたら、ぜひ星5つのレビューをいただけると嬉しいです。お手数をおかけいたしますが、お時間のある際にご協力いただけますと幸いです。